SPRING

著名な音楽家も、“春”の名曲を残しています
 
 多くの著名な音楽家が「春」に関わる名曲を残しています。一度は耳にしたことがあると思います。クラッシック曲の一部をご紹介いたします。

 
  ♬ 春の楽曲 ♪
  〇スプリング・ソナタ(春のソナタ)
ベートーヴェンのヴァイオリンが織りなす「春のソナタ」
  〇春の声 ヨハン・シュトラウス2世
ウィーンのワルツ王ヨハン・シュトラウス2世が描く春の情景とは
  〇春の歌 メンデルスゾーン
メンデルスゾーンによるピアノ独奏のための作品集『無言歌集』の中の1曲
  〇交響曲第6番「田園」 ベートーヴェン
田園の晴れやかな情景を描いた晴朗で親しみやすいメロディー
  〇花のワルツ チャイコフスキー「くるみ割り人形」より
ウィーン風のワルツに乗せた美しき花々の輪舞
  〇春 ショパン遺作集「17の歌曲」より
ショパン没後の1968年に出版された遺作集「17の歌曲」より第2曲
  〇花の歌 ランゲ
軽やかなサロン小品を作曲したグスタフ・ランゲによるピアノソロ曲
  〇春に寄す グリーグ
春の息吹とノルウェーの美しい情景が目に浮かぶ抒情的な作品
  〇「四季」より「春」 第1楽章 ヴィヴァルディ
ヴィヴァルディ「四季」は、1725年出版の12曲から成るヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』の第1番から第4番の総称。
 
  
「はる」という言葉は、「万物が発〔は〕る(発する)」 「木の芽が張〔は〕る」「天候が晴〔は〕る(晴れる)」 「田畑を墾〔は〕る」 などの意味を持ちます。

天候に恵まれ、希望に溢れる季節を象徴しています。
春の時期は花粉症にかかる方も…

花粉症とは、スギ花粉などによって起こるアレルギー性疾患のことです。
花粉症のアレルギー症状は花粉が目や鼻の粘膜に接触することで現われてきます。花粉症の方は、ややつらい時期でもありますが、耳鼻咽喉科にかかるなど、予防対策をしてその時期を乗り越えたいものです。



お出かけが楽しい季節!大型連休(GW)!

毎年4月末から5月初めにかけての休日が多い期間の大型連休(ゴールデンウイーク)は、子供や学生、社会人にとってもうれしいものです。
長い休暇を利用して、旅行に行くのもいいかもしれませんが、どこへ行っても混雑するもの。
お家でゆったり過ごしたり、その地域のイベントや催し物に参加してみるのもいいでしょう。

 埼玉県で有名な「こどもの日」のイベント(催し物)として、加須市では、毎年5月3日の市民平和祭には、会場の利根川河川敷緑地公園でじゃんぼこいのぼりの遊泳が行われます。
また、春日部市では、毎年5月3日、5日に、畳、100畳にもなる大凧祭りが開催され、大勢の方が来訪し、賑わいをみせています。
卒業・入園・入学・入社…、新生活のはじまり

厳しい寒さを過ぎると、次第に日が長くなり、気温があがり、草花が生え始め、春を迎えます。そのよう季節に、卒業、入園、入学、進級、入社と、新たな門出を迎える季節です。
 新たなスタートである門出の季節に、日本人が最も好む花と言われている桜が咲く季節です。

 桜の花を見ると、人生で忘れられない出会い、思い出など、ふと思い返される方もいるのではないでしょうか。



*【日本人の好きな植物(花と木)のランキング(NHK放送文化研究所世論調査部より)「日本人の好きなもの
 

立春

立春は、冬至と春分の間の2月4日頃に当たります。また、この日から雨水(2月19日頃)までの期間を立春と呼ぶこともあります。立春は冬と春の分かれる節目の日である「
節分」の翌日で「寒さがあけて春に入る日」いわば春の初日です。

旧暦では一年のはじまりは立春からと考えられていたため、立春を基準に様々な決まりや節目の日が存在しています。

…立春から立夏の前日までを言います。冬至と春分の中間にあたります。この頃、暖かい地方では梅の花が咲き始めます。




バックナンバー
HOME       
        
               

 

 









 

 





















                                                                 
                                                                   .


                                                                   



















































































※Copyright (C) Nakamitsu Corporation.All Rights Reserved